レディ

体に悪影響となる中性脂肪を下げる|いつまでも健康でいるために

このエントリーをはてなブックマークに追加

継続することが重要

脚

女性が特に痩せたい部位の候補として常に挙がるのがふくらはぎです。ふくらはぎは、筋肉が発達しやすいということに加えて、むくみやすいという特徴もあり、一度太くなってしまうと細くするのが難しいとも言われています。

詳細

健康食品による様々な効果

肥満

中性脂肪を下げる成分として、心疾患や脳血管疾患、動脈硬化、血栓症高脂血症などの症状改善や予防効果があるとされるEPAやDHAが人気です。EPAは、腸で吸収された後に肝臓の細胞に取り込まれ、脂質の合成量や分泌量を下げる事で中性脂肪値を低下させます。加えて、血液中の血小板にも取り込まれ血栓や血管プラークの形成を抑制し、リポ蛋白リパーゼの分泌促進効果により血液中の中性脂肪の分解効率を上げ、動脈硬化や血栓症高脂血症の症状改善や予防効果を発揮します。DHAは、脳細胞の細胞膜リン脂質に取り込まれる事での脳細胞の膜流動性や神経伝達物質の伝達性などの向上させるだけで無く、間接的に脳内の神経成長因子の生産量を4〜5倍に増加させる効果があります。DHAは、脳血管性認知症やアルツハイマー型認知症に対する効果が注目されています。

中性脂肪を下げる成分としては、イヌイットの主食のアザラシの脂に多く含まれるEPAやDHAが人気ですが、ポリフェノールやナットウキナーゼなども人気の成分です。ポリフェノールは、赤ワインに豊富に含まれる光合成により生成される苦味のある色素として知られていますが、カテキンやアントシアニン、ケルセチン、ルチンなど様々な種類があります。カテキンは、消化酵素の抑制作用により食後の血糖値上昇を抑制する事で、肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンの分泌量を下げる効果があります。インスリンの分泌量を下げる事で、血液中の遊離脂肪酸を中性脂肪として脂肪細胞内に貯蔵される量の増加を抑制する効果があります。ケルセチンは、玉ねぎやそばに含まれるビタミンP同様のフラボノイドとされ、血糖値の急激な上昇や悪玉コレステロール、中性脂肪を抑制する作用がある上に、活性酸素による血液中の赤血球への悪影響を抑制する作用もあります。

薬で朝のスッキリを

錠剤

便秘薬は即効性があることが大きなメリットですが、継続して服用しすぎると腸の働きを弱めてしまう可能性もあるため便秘で苦しいという時だけの使用にとどめておき、日頃から日常生活を改善して便秘体質を変えていくようにしましょう。

詳細

適度に食べよう

ウーマン

ダイエットをしているというと、厳しい食事制限を行なう必要があるというイメージがあるため、おやつを一切食べないという人も多いのではないでしょうか。しかし、我慢ばかりではダイエットを続けることは出来ませんので、正しい方法でおやつを取り入れると良いでしょう。

詳細